行政手続きをITで自動化 手続きドットコム古物商

お客様の声

サービスをご利用になられたお客様の声をご紹介します。

  1. お客様の声 >
  2.  古物商 黒岩さん

古物商 黒岩さん

お名前 黒岩 隆一
職業
地域

インタビュー

手続きドットコムを利用したきっかけ

古物商の申請をしようと思ってからインターネットで軽く調べていて、面倒そうだなとは思いましたが、自分でやってみて出来そうになかったら行政書士に依頼してみようかなという感じで進めていました。

ところがいざ始めてみると書類は複雑でよくわからないし、手続きも多いので何をすればよいのかわからず、ズルズルと後ろ倒しになってしまいました。

そんな中たまたま手続きドットコムを見つけ、これは便利だなと思い使ってみたところ、15分くらいで書類も全部完成し、提出先や提出手順もわかりやすく表示してくれたので、とてもスムーズに手続きを進めることができました。

コンピューター関係の仕事での経験を生かして古物商を始める

前職はコンピューターのハードウェア関係の会社でサラリーマンをしていましたが、コロナの影響で給料も減り、このまま仕事を続けていくことに不安を感じてきてしまいました。

副業として働くことができ、かつ定年した後もできる仕事を探していたところ、中古品を売買する古物商が目に留まりました。

会社員をしながらできて、定年した後もずっと続けられますし、初期費用もかからない。これはいいなと。さっそく始めてみようと思い、まずは家にあった大量の古本を販売することにしました。

コンピューター関連の仕事をしていた関係で、スマホ・パソコンのパーツや専門書が大量に家にあったので、それらをメルカリで販売するところから始めました。

過去に仕事上、自分でいろいろ機器を買ったりして使わなくなったものが大量にあったので、最初は仕入れをして販売するというよりは自分のものを販売するという感じですね。

コンピューターのハードウェア関係のものを売っている販売者が少ないというのと、質問があったときにも正確に回答でき、用途や使用方法を正確に書けたので購入者からも評判が良かったです。

購入者からの感謝の言葉もたびたびいただくようになり、販売したものが売れると楽しくなってきました。

このころから家にあった専門書やパーツが底をつき始めてきたので仕入れも始め、本格的に古物商を始めました。

古物商では自分の得意な領域の商品を扱うべし

今は本格的に仕入れをして販売しています。本職のコンピューター関連の仕事で培った知見を活かして、コンピューター関係の本やスマホ・PCのパーツなどを扱っています。

スマホ・PCのパーツはかなりニッチな領域でして、秋葉原まで行かないと手に入らないし、家電屋さんに行っても売っていても利益が取れるものがないためなかなか難しいです。それに家電屋さんから仕入れたりすると、転売屋みたいになるのであまりよくないかなという気もしているので、最近はコンピューター関係の専門書を中心に扱っています。

ここで大事なのは、自分の得意な領域の商品を扱うことだと思います。

その方が価格感だったり、需要の過多が分かるので、転売をやるなら得意な領域でやった方が良いですね。

自分が良くわかっていない領域の商品でもネットで価格を調べて仕入れたりする方もいますが、そういうのは他の人と差別化できないし、ただの転売ヤーになってしまうのであまりやりたくないなとも思います。

今はカンタンに誰でも転売を行うことができ、競合も増えてしまっているので、自分の得意な領域で他と差別化するのが大事かなと思います。安易に手を出して大量の在庫を抱えてしまっている方もたくさんいらっしゃるので…。

販売はAmazonがメイン

販売経路は主にAmazonストアを利用しています。楽天ストアなどと同じように、自分でAmazonに出店をし、そこで販売をする形です。

メルカリとかはカンタンに出品することができますが、Amazonストアに出店するには結構ハードルが高かったですね。身分証明を送ったり、説明も硬くてわかりにくかったり、出店の条件もいろいろと厳しくて時間もかかりました。

Amazonストアは利用料が高いのですが、販売の運用がすごく楽なんです。メルカリとかだと自分で梱包をして発送をする必要がありますが、AmazonストアだとAmazonの倉庫にまとめて商品を郵送しておけば、あとはAmazonのほうで箱詰め・配送まで全部やってくれるのですごく楽です。購入者にとってもちゃんと梱包されたものが来るためありがたいのかなと。

比較的金額が高いものを扱っているのであれば、Amazonストアはお勧めだと思います。

あと、「プライスター」というAmazonストアで販売している人にとって便利なツールがあって、バーコードを読み込ませると、Amazonでいくらで売れているか、というのを表示できるんです。

Amazonの手数料まで計算してくれるため、いくら儲かるかというのまでわかり、売れ行き具合も時系列で出てくるため、在庫回転率もある程度推計できます。

Amazonに長く在庫おいていると在庫配置料を取られるので、在庫回転率も考慮しておく必要があります。単純に利ザヤがあるから仕入れるというわけにはいかないんです。

プライスターは月額5000円くらいしますが、利用する価値はあるとおもいますよ。

また、Amazonストアを利用するときの注意点としては、特定のメーカやブランドの販売を禁止されている場合もあるので、仕入れ時には気を付ける必要があります。例えばSony商品などは、正規代理店以外はAmazonストアでは扱ってはいけないとされていて、無許可で販売しているとアカウント停止になることもあります。

Amazonはその辺結構厳しく、いきなりアカウント停止になります。問題がある商品かどうかは仕入れ者側で慎重に見極める必要がありますね。

あとあまり知られていませんが、個人事業主が本を新品で売ることも禁止されていて(新品の本の価格は法律で定価で売るように決められているため)、Amazonでも禁止されています。

メルカリとかだとその辺は比較的緩いのですが、Amazonだとキチンと法律に則り、Amazonの規約も順守する必要があるので、ちゃんと確認して則っていく必要がありますね。その辺は地味に結構大変です。継続的に古物商を続けていくためには、こういう法律面もきちんと知っておく必要がありますね。

黒岩 隆一 様、ご利用ありがとうございます!

APPLICATION

古物商営業届出の書類作成をカンタンに

FAQ

お客様からのよくあるご質問を掲載しております

よくある質問