行政手続きをITで自動化 手続きドットコム古物商

お客様の声

サービスをご利用になられたお客様の声をご紹介します。

  1. お客様の声 >
  2.  ACID DRUG STORE 辻村様

ACID DRUG STORE 辻村様

お名前 ACID DRUG STORE 辻村様
職業 アパレル業
地域 岐阜県郡上市

インタビュー

手続きドットコムを利用したきっかけ

もともとは会社員をしていたのですが、いつかは独立しようと思っていて、辞める前からいろいろと準備していました。


自分でインターネットなどで古物商の取り方を調べていて、なんとなくやり方はわかっていたのですが、細かい記載方法や申請書の取り寄せなど、いろいろと細かいところで気を付けないといけず、自分でやるのは面倒だなと思っていました。

行政書士さんに依頼してもよいかなと思ったのですが、行政書士さんとのやり取りや契約などの手続きが発生して面倒そうだなというのと、開業費にそこまでお金はかけたくなかったので、

何か便利な方法がないかなと調べていたところ、Google検索で手続きドットコム出てきて、安いし試しに使ってみようかなと思い使ってみました。

実際に使ってみると、本当にカンタンに書類も作れて、提出先や手順も分かりやすく説明されていたので、悩むことなくスムーズに手続きを進められましたね。

顧客の細かなニーズに対応できるファッション事業を展開したいという思い

前職は洋服の商社のような仕事をしていて、企画から製品化まで洋服にかかわる工程を一貫して執り行っていました。ショップなどの小売業のお客さんに対して提案をし、お客さんからの要望に合わせて製品を形作っていく仕事で、ファッションに関する知識はもちろん、お客さんと円滑にコミュニケーションをとることも求められていました。


もともとファッションが好きで、企画から製品化まで一貫して携われるこの仕事が好きだったのですが、
昔と比べて業界全体として若者を中心にファッションの優先度が下がり消費量が減ってきたことに加え、安価でデザイン性に富んだファストファッションも出てきて、昔ほど差別化ができなくなってきたと感じてきました。

そういった業界全体としての背景と、ずっと会社で今の仕事をしてきたので一度ドロップアウトしてみたいという思いもあり、一度自分で事業を立ち上げてみようと思いました。

昔と違って今は洋服の製造方法も洗練されてきているので、高い商品と安い商品とであまり差別化がされていない状況です。ファストファッションでもとても品質が高いものもありますしね。

かつ、最近は顧客のニーズも細かくなっていて、他人とは異なるファッションを求める人も増えてきています。
そのような状況に対応するため、海外の品質の高い細かなニーズに対応できそうな商品を仕入れれば日本でも売れるのではないか、と思い今の事業を立ち上げました。

思いきって田舎でファッション事業を始める

ずっと東京で仕事をしてきたので、田舎で仕事をしてみたいという思いが何となくあったんです。そこでいろいろと調べてみると、田舎のほうでは町おこしの一環として格安で店舗やオフィスを借りられたり、補助金など様々なサポートを受けられることが分かり、これはいいなと。

最近は店舗だけなくインターネットなどの販路もあるので、できるだけ固定費を抑えていくのも大事だと考えていて、じゃあ田舎で開業すればいいんじゃないかと。

少し都会で仕事をするのに疲れていたのもあったので、思いきって田舎で事業を始めることにしました。

ちょうど町おこしの取り組みをしていて空き家を借りられることになったので、すぐに契約手続きを始めました。

場所は岐阜県の郡上市というところで、日本で三本の指にはいる盆踊りが盛んな地域です。観光シーズンになると多くの人が来てくれ、人通りの多い通りに面しているのでちょうどよいなと。

2階建て180平米で、家賃はなんと8.5万円です!相場的には30万はするところなので、とても良い選択をしたと思います

得意なことで生きていく

仕事柄、個人として大量の服を持っていたので、まずはそれらを販売し始めました。

そこである程度店舗の運営などを安定させ、自分でデザインしたTシャツや海外から仕入れた商品なども販売するようにしていきました。
店舗以外でもECで販売をしていて、BaseというEC構築ツールを使ってECサイトを作成しました。

店舗・ECとも広告は一切出しておらず、口コミなどで来店する人が多いですね。

仕入れた商品が売れないなどのリスクはありますが、昔からずっとファッション業界で仕事をしていて、商品のトレンドや品質の良し悪しは分かるので、失敗することは殆どないですね。

メルカリやヤフオクなどを使った転売ヤーも増えてきていますが、古物商として独立するなら自分の得意な領域をやった方が絶対に良いと思います。特に参入障壁が低くプレイヤーの多い領域なので、他と差別化できる商品を扱うようにするか、トレンドを精緻に追っていくことができるような状況でないとなかなかうまくいかないと思います。

得意なことで生きていくっていうのは大事なことだなと思いますね。

ACID DRUG STORE 辻村様 様、ご利用ありがとうございます!

APPLICATION

古物商営業届出の書類作成をカンタンに

FAQ

お客様からのよくあるご質問を掲載しております

よくある質問